Top

Live2Dかんたんに作れる!服やスカートの動かし方!

初心者さん
初心者さん

すいません、キャライラストの服を動かしたいです。

アニメ塗りマン
アニメ塗りマン

服装の動かし方ですね、では説明します。

Live2Dではキャラクターの服装を動かすことが可能です。

しかしキャラクターの服装は描くイラストによって違うため初期状態では動かすパラメータがありません!

そのため自分でパラメータを作成する必要があります、今回は服装やスカートを動かすやり方を解説します。

この記事を読むと・キャライラストの服装を動かすやり方がわかります。

こんな方におすすめ!・キャライラストの服装を動かす方法を知りたい

Part10 Live2D服やスカートの作り方

お得なクーポン付きで販売中【Live2D】

背景を描くのが苦手な方におすすめの
著作権フリー背景素材集を見る

服装用パラメータを追加していく

 

スカート用パラメータを追加する

 

まずLive2Dの初期状態では服用のパラメータがありません。

面倒かもしれませんが、自分で作って追加するしかないです!

パラメータ

最初にパラメータ作成でスカート用のパラメータを追加します。

 

パラメータの追加削除のやり方はこちらのページを参考にしてください。

[Live2D]パラメータ追加、削除のやり方
Live2Dでパラメータを追加したり削除するやり方を説明します。

 

パラメータ

次にスカート用ワープデフォーマを作って、パラメータを右へ動かしてスカートを動かします。

ベジェ数は特に指定がないです、自分の好きな風にします。

 

もし動きをつけるのが難しかったらインスペクタ欄でベジェ数を調整できますよ。

 

エプロン用パラメータを追加する

 

次はスカートの上側にあるエプロンに動きを付けます。

でふぉーま

エプロンを選択しワープデフォーマを作ります。

ここから動きをつけていくのですが、ちょっと待ってください!

もしスカートが動いたらエプロンも一緒に動かないと不自然ですよね。

 

でフォーマ

そこでスカートが動いたらエプロンも一緒に動くように設定します。

まずエプロンのワープデフォーマをスカートのワープデフォーマにドラッグ&ドロップします。

 

そうすることでスカートのワープデフォーマ内にエプロンワープデフォーマが格納されます。

でふぉーま

先ほど作ったスカートパラメータを動かしてみるとエプロンも一緒に動くようになります。

これはワープデフォーマの親子関係が機能しているからです。

 

スカートワープデフォーマが親でエプロンワープデフォーマが子なので親が動いたら子も一緒に動くという感じです。

これは文章で伝えるのは難しいです、なので実際にLive2Dで動かしてみて「こんなもんなんだなぁ」と覚えたほうが早いです。

でふぉーま

もちろんエプロン単体に動きをつけることも可能です。

細かく動きをつけることでクオリティの高いうごイラを作ることができます。

 

他の装飾にもパラメータをつける

 

でふぉーま

最後に胸のリボンにも動きをつけようと思います、リボンも揺れますからね。

動いたときにリボンがふわっと動くように作ります。

これで服装に動きをつけることができました。

 

パラメータを増やすにはLive2DPro版でないといけない

 

服装に動きをつけるためにはパラメータを増やさなければいけません。

しかし残念ながらFREE版ではパラメータの上限が30までと決まっています。

 

すでに初期値で27もパラメータを使っているため新たに追加できるパラメータは3つしかありません、つまりほとんど使えない!

しかしPro版はパラメータの上限がないためいくらでもパラメータを追加できます。

 

クオリティの高いモデルを作るならPRO版が必須です。

アニメ塗りマン
アニメ塗りマン

PRO版だとパラメータ上限を気にしなくていいので、自由に作業することができます。

Live2D Pro版についてはこちらから

Live2D、PRO版の購入方法はこのやり方でOK!
Live 2Dの完全版であるPro版の買い方を説明します。

 

まとめ

  1. 服装を動かすには新規でパラメータを追加しなければいけない
  2. FREE版はパラメータ上限数が30まで
  3. PRO版はパラメータ上限数が無制限なので使いやすい

続きはこちらから

Live2D腕、足を動かす方法
Live 2Dで腕と足を動かすやり方を説明します。