Top

Live2d drawer for aviutlの使い方

初心者さん
初心者さん

Live2Dで作ったモデルを動画で動かす方法ってありますか?

アニメ塗りマン
アニメ塗りマン

AviUtlのスクリプトを使えば動画で動かすことができますよ。

AviUtlという無料動画編集ソフトを使えば、Live2Dのモデルを動画上で自由に動きをつけることができます。

動画編集と同じようにモデルを自由に配置したり、エフェクトをかけたりと表現の幅が広がります。

今回はAviUtlでLive2Dモデルを動かす方法を説明します。

 

この記事を読むと・Live2D モデルを動画で動かす方法を知りたい

こんな方におすすめ!・Live2Dモデルを動画で動かしたい!
・AviUtlでLive2Dモデルと使って動画編集したい!

 

Live2Dモデルを動画で動かす方法

お得なクーポン付きで販売中【Live2D】

背景を描くのが苦手な方におすすめの
著作権フリー背景素材集を見る

モデルワークスペースで設定する

 

まずLive2Dでの設定から始めます。

設定はモデルワークスペースで行いますので、普通にモデルの動きや物理演算設定を完了した状態にしておきます。

もしもモデルの動きや物理演算の作り方がわからない場合はこちらから確認してください

 

Live2D初心者必見!インストールする前にここを確認!
Live2Dをインストールする前にパソコンのスペックやペイントソフトを確認します。

 

Live2D物理演算の使い方[初心者向け]
Live 2Dで物理演算を設定するやり方を説明します。

 

まばたき、口パクの設定方法

 

Live2D

 

最初にパラメータ横のハンバーガーメニューからまばたき・リップシンク設定をクリックします。

 

Live2D

 

その後まばたきと口パクに設定したいパラメータを選びます、これで口パク等は完了です。

 

テクスチャアトラスを作る

 

Live2D

 

次にテクスチャアトラスを作ります、画像赤い矢印のテクスチャアトラス編集をクリックします。

 

Live2D

 

テクスチャアトラスは2048×2048あたりを選びます、ここはあまり小さいpixelは選ばないようにすればいいです。

設定が完了したらOKをクリックします、これでテクスチャアトラスが指定された場所に作成されます。

 

注意点としてファイル名はローマ字で作ります日本語だとAviUtl上で読み込んだ時エラーが起こるからです。

 

moc3ファイルを作る

 

Live2D

 

最後にファイル→組み込み用ファイル書き出し→moc3ファイル書き出しを選びます。

 

Live2D

 

設定は上記のようにします、これでOKをクリックしてmoc3ファイルを作ります。

こちらもローマ字でファイル名を作りましょう。

 

アニメーションワークスペースで設定する

 

次はアニメーションワークスペースで設定を行います。

アニメーションの設定方法がわからない場合はこちらから確認してください。

 

Live2Dアニメーションの作り方[初心者向け]
Live 2Dでアニメーションを作るやり方を説明します。

 

Live2D

 

まずタイムラインにモデルデータをドラッグアンドドロップします、その後左から2番目のSDK(その他)を選びます。

 

Live2D

 

その後シーンを作成して、動きをキーに記録してモーションを作成します。

ここらの作り方はLive2D viewerの確認方法を同じです。

 

[Live2D]Viewerの使い方[初心者向け]
Live 2Dの動きを検証できるviewerの使い方を説明します。

 

Live2D

 

横を見るモーションデータを作ってみます。

横を見るを選んだ状態で、ファイル→組み込み用ファイル書き出し→モーションファイル書き出しをクリックします。

 

Live2D

 

設定は上記のようにします。

 

Live2D

 

その後motion3.jsonファイルを作ります、エラー防止のためファイル名はローマ字で入力します。

 

ここまでがLive2D側の設定です、次からAviUtl上で作業を行います。

ちなみにモデルファイルはLive2DPro版で作っています、フリー版だと制限が多すぎてまともな動きを作ることができないので、自分の思っている動きを作りたければPRO版を選びましょう。

AviUtlで設定をする

 

次はAviUtl上で設定を行います、AviUtlのインストールや設定方法はこちらのページを確認してください。

 

ボイスロイド動画編集におすすめなAviUtlの使い方
...

 

Live2d drawer for aviutlをダウンロードする

 

live2d

AviUtlの設定が完了したら下のサイトのダウンロード項目からLive2d drawer for aviutlを手に入れます。

 

 

無料の一般版と支援者向けの有料版がありますが、無料版でも十分な機能を持っていますので問題ないです、Fantiaでダウンロードするのが簡単ですよ。

 

AviUtlにファイルを入れる

 

live2d

 

Live2d drawer for aviutlをダウンロードしたらフォルダを解凍して、中にあるLive2DAsker.dllをAviutl.exeがある階層にドラッグアンドドロップします。

 

live2d

 

次にscriptフォルダにある

  1. @Live2d.anm
  2. @Live2d.obj
  3. Live2DDrawer.exe

 

この3つのファイルをAviUtl側のscriptフォルダにドラッグアンドドロップします。

これでAviUtl側の設定はできました、次は動画でモデルを動かしてみましょう。

 

AviUtlでLive2Dモデルを動かす

 

aviutl

 

基本的な使い方はAviUtlの操作方法と変わりません、最初にLayer1にカスタムオブジェクトを挿入します。

 

Live2Dモデル登録@Live2dを選ぶ

 

aviutl

 

挿入したカスタムオブジェクトはLive2Dモデル登録@Live2dを選びます。

 

aviutl

 

その後、隣の参照をクリックして拡張子がmodel3.jsonファイルのモデルデータを選びます、moc3ファイルではないので注意してください。

 

aviutl

 

そして6Layerほど離れた場所に新しくカスタムオブジェクトを挿入してLive2D描画@Live2dを選びます。

ここでは6Layer離していますが、距離は特に指定がないので適当で大丈夫です。

 

aviutl

 

設置するとLive2Dモデルが表示されます。

 

aviutl

 

描画されたモデルの上下が見切れていた場合、拡大率とwightのカーソルを動かして調整します。

あとは画像挿入のように動かして配置を行います。

 

aviutl

 

もしwightと拡大率を変更しても画像がどうしても見切れてしまう場合ファイル→環境設定→システムの設定から最大画像サイズを大きくします。

 

まばたき、呼吸の設定

 

aviutl

 

Layer2にカスタムオブジェクトでLive2Dまばたき@Live2d、

Layer3にはLive2D呼吸@Live2dを挿入します、呼吸のモーションはLive2D側で設定したパラメータの動きと同じになります、もし呼吸のモーションを変更する場合はLive2D側で変更を行います。

瞬きの動きが逆になっていた場合もLive2D側で調整を行います。

 

aviutl

 

瞬きの設定はLive2Dまばたき@Live2d横の設定をクリックして行います。

 

 

設定をクリックすると上の画面が表示されます、項目の説明ですが

  • 閉じかかり時間(目を閉じるときの時間)
  • 閉じ待機時間(目を閉じているときの時間)
  • 開きかかり時間(目を開けるときの時間)
  • 間隔最短(瞬きするときの最短の間隔)
  • 間隔最長(瞬きするときの最長の間隔)

よくわからなかったら間隔最長だけを調整すれば大丈夫です。

呼吸を連続で動かしたい時の設定

live2d drawer

ちなみに吸い込み待機と吐き出し待機を0にすれば連続で呼吸の動作をします、息継ぎみたいに途中で止まる動きをなくしたい時はこの設定にすると良いです。

音声と連動した口パクの設定

 

aviutl

 

Layer4にLive2D音声連動@Live2dを挿入してLayer5に音声wavファイルを入れます。

 

aviutl

 

そしてLive2D音声連動@Live2dの参照をクリックして、口パクしたいwavファイルを選びます。

これで口パクを音声に合わせて動かしてくれます。

 

モーションを挿入する

 

aviutl

 

Layer7にLive2Dモーション(ファイル)@Live2dを入れます、これは挿入したところで特定のモーションするよう設定をしているところです。

 

aviutl

 

Live2Dモーション(ファイル)@Live2dの参照をクリックし、動かしたいモーションを選びます。

このモーションはLive2Dアニメーションワークスペースで作ったmotion3.jsonファイルですよ。

 

aviutl

 

ここまでで設定したカスタムオブジェクトは全て、Live2Dモデル登録とLive2D描画の間に挟むように設置します、こうしないと動画に動きが反映されませんので注意してください。

Live2D表情(コード)@Live2dの使い方

モーションに似た機能で表情コードというものがあります、しかしこちらはコマンド入力しないといけないため少し難しいです、ですが表情を瞬時に切り替えることができるので時間があれば覚えてみましょう。

Live2d drawer表情コードの使い方
Live2d drawer for aviutlで使う表情コードの設定方法を説明します。

動画で動きを確認する

 

上記のやり方で作った動画がこちらになります。

 

 

以上でモデルの動きの設定は完了です。

もしも動きを変更する場合Live2D側で変更します、動きを変更したら新しくモーションファイルとmoc3ファイルを書き出してください。

複数の立ち絵モデルを動かす方法

Live2d drawerでは複数のモデルを読み込んで動かすことができます、詳しくはこちらで解説しています。

Live2d drawerで複数の立ち絵を動かす方法
Live2d drawer for aviutlで複数の立ち絵を動かすやり方を説明します。

まとめ

 

  1. Live2Dでテクスチャアトラス、moc3ファイル、モーションファイルを作る
  2. AviUtlでLive2d drawer for aviutlをインストールして設定を行う
  3. タイムラインにカスタムオブジェクトを挿入してモデルを動かす